コンデジについての機能と長所、短所。使用感覚などを書いてみた。

こんにちは。
特急ひゅうが3号です!

今回はコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の説明と、
自分が過去に使っていたモデルを紹介をします。


・コンデジってどんなカメラ?
いわゆる片手でも扱えるようなカメラですね。


たとえば、こんな長所をあげてみました!
・スマートフォンのように片手で撮影できる!
・スマートフォンより写真を鮮明に!
・一眼レフのようなレンズを、交換なしで撮影できる!
・全体的に価格が安いものが多い!

と、高い携帯性を持ち、より鮮明かつ撮りたいときにすぐ撮れる!
というのが売りですね!

最近のものは、
f値が低いレンズを搭載したり、
センサーのサイズが今までのモデルよりも大きくなったり、
他には、
シーンによって(スポーツや夜景)モードを簡単に変えれるのも
コンデジならではの魅力ですね!
(F値:絞りについては後日説明します)

また、連写のできるものも出てきたので、
「シャッター切るの早かった・・・」
なんてことがあっても、ボタン押しっぱなしで写真が撮れるという機能が付くなど、
カメラの進化を感じます!

なんといっても、

価格が安いものが多い


のもコンデジならではの魅力。
カメラで写真、動画を撮りたい!と
カメラに興味を持ち始めた方たちにも、
手ごろな価格で購入できるのも売りです!

最近では、プレミアムコンデジというものもあり、価格は高くなってしまいますが、
一眼レフのように綺麗に写真が取れるようになったりと充実した機能が付いたモデルなどが、
各メーカーから販売されています!



短所としては、
・画質は圧倒的に一眼レフのほうが上
・「携帯性」だけなら、スマホだけでも何とかなる。
・レンズ交換ができない。(長所でもあり短所)
・センサーサイズの関係でボケが期待できない。


が挙げられます。



「綺麗かつ鮮明な写真が欲しい!」
といった人には、
高価ではあるものの一眼レフを買ったり、
動画ならビデオカメラを買ったほうが
クオリティは断然よくなります!

レンズ交換ができないのは、
コンデジは遠距離が弱点であるため、
一眼レフでできることが、コンデジではできない
わけですね・・・

一眼では「遠くのものは、専用のレンズに交換して撮影」
というのが、コンデジではできないんです。

最大倍率までズームして撮影したものはほとんどボケボケ
になったりします。

遠くのものに関しては絶望的ですね(x_x)

センサーの仕様上ボケ(ぼかし)が弱いというのも短所として挙げられます。
撮影したいものに、ピントを合わせても、
コンデジでは背景などのボケがあまり期待できない・・・

まぁ簡単に言えば
「被写体と背景の境目がわかりづらい」


という欠点があります。

というところでしょうか。


コンデジならではの長所と短所を軽く挙げてみました。
携帯性とスマホより鮮明な写真を撮りたい!
という人には向いてるかもしれませんね。


ここで、かつてコンデジユーザーだった自分が
使ってたカメラをご紹介します。


自分が使っていたのは、
「FUJIFILM FinePix A610」と
「FUJIFILM FinePix T300」
「Nikon COOLPIX S9300」
です。


1つ目は2007年2月に発売されたモデルで、2つ目が2011年3月。
自分がFUJIFILMユーザーだった時代は、
販売から5年以上経ったものをここ最近まで使っていました(笑)

A610は、単3電池2本で動かせるので、

もし電池が切れてしまったとしても、
コンビニや家電店などに行けば電池を変えれる
ので、

バッテリーをあらかじめ充電する必要がないのが特徴です!
(最近自分が使っていた、ネオ一眼(?)のNikon COOLPIX B500など、

コンデジではないですが、単3電池で動かせるカメラはあります)


短所としてはかなり昔のモデルだったので、
レンズのズームが弱いことと、
動画で撮るとき音が録音できないモデルだったので、
鉄道が好きな自分としてはショックでした。

また、SDカードが最大2GBのものしか使えなかったので、
撮影した写真の管理が大変でした。


2つ目のモデルは、T300は、
なんといっても「動画が音つきで取れるようになった」のが大きなポイントと感じます。
また、ズーム倍率も上がっているので、A610で撮れなかった距離が撮影できたり・・・
なんと、連写機能も付いていたりと、自分にとってもかなりうれしい機能やスペックが揃っていた
機種でした!


また、写真がA610とは写りが全然違います!
SDHCカードに対応したというのもひとつの売りです!
(高画質の画像をより多く取れるようになった)


短所は、バッテリーで動かす必要があるので電池切れになってしまうと、カメラの規格にあったものを
使わないといけない
上に、

充電が必要なこと

つまり、家や宿泊先などで充電器を持っていないと使えない。
・・・なんてことがあります。


最後の
「Nikon COOLPIX S9300」はコンデジでありながらも、約1602万画素と、
自分が使っていたコンデジとは
圧倒的に画像が綺麗だった
という印象でした。

長所は、コンデジながらも綺麗な写真が撮れるようになったこと。
ズームが早くなり、ヨリの画も鮮明に撮りやすくなった

というところでしょうか!
コンパクトながらも高画質で写真を取れるので、
ちょっとした旅行とかで日記を書いたりするときに重宝しそうですね!


短所は、
電池がバッテリー式でありながらも、専用の充電器がない
こと。
専用の充電器がないため、急速な充電・・・どころかUSBから本体に挿して充電する
タイプだったので、
充電に関しては癖が強い
感じました。


また、S9300は、「ニコン公式から更新プログラムが出た」カメラとなっており、
パソコンとカメラ本体でのデータのやり取りが大変なモデルでもありました。


いかがだったでしょうか!

コンデジ全体の長所と、自分が実際に使ってみたモデルをまとめました!
価格も安いものが多いので、カメラに興味を持った方は、
撮影することの楽しみを体感してはいかがでしょうか!


ではでは!


この記事へのコメント