カメラのSDカードは適当じゃダメ!?規格や転送速度など、容量以外にも見るところはある!

こんにちは!
特急ひゅうが3号です!

今回は、
「カメラでのSDカード選びについて」
を綴って行きます!

「え?カメラに使うカードは何でもいいんじゃないの?」
・・・・と思ったら痛い目を見ますよ。

実は自分もB500(コンデジ)からD3400(一眼レフ)に変えるときに経験していますので。
「以前使っていた64GBのSDカードでいいや」と思ったらD3400では使えなかった・・・
ということを経験しています。
(当時はサムスン製のSDXCカードを使おうとしましたがエラーが出てしまいました)

では、
SDカードを買う際にどんなことに気をつければいいのか?
を書いていきます!

カメラ用のSDカードを買う際にどんなポイントに気をつければいいのかを
まとめてみました。


・カメラとの相性(動作など)はいいか
・読み込み速度が速いか


まず、「カメラとの相性はいいか」
ということですが、カメラによっては、使えるSDカードの種類が
決まっているんですね。

それはどこを見ればいいのか?
といいますと、各カメラのスペックにて
「記録媒体」
という項目があります。

たとえば、今私が使っているD3400ですが、
「SDカード、SDHCカード(SDHDカード)、SDXCカード(UHS-I規格に対応)」

※SDカード=2GB以下、SDHCカード=4GB以上32GB以下、SDXCカード=64GB以上

と公式に書かれていますが、
使用できるSDカードという
表を見てみるとこのようになっています。

メーカー欄:
SanDisk、TOSHIBA、Panasonic、Sony、Lexar

この表にサムスン(SAMSUNG)製は入っていないということは、
サムスン製のSDカードは使えないということになります。
(例外ですが、B500は「推奨」と書かれている表にサムスンの
名前はありませんでしたが使用できました)

また、使用できるSDカードのメーカーごとに最大用量のカードも決められています。
(ここでは最大規格のSDXCカードの容量のみ記載します)
SanDisk:512GBまで
TOSHIBA:64GB、128GB(48GBは使用不可)
Panasonic:64GBまで
Sony:64GB、128GB(48GBは使用不可)
Lexar:
MULTI-USE、プラチナⅡシリーズ:64GB、128GB(48GBは使用不可)
プロフェッショナルシリーズ:64GB

というように、使用できるカードを公式が表記しているので、
SDカードを買うときの一つの目安にしましょう!

また、SDHCカード、SDXCカードでは
下位互換性がないので選ぶ際には十分に気をつけてください!!
(例:ホストデバイスがSDカードのみの対応の場合、
SDHCカードとSDXCカードは使えないことになります。)

2つ目の「読み込み速度が速いか」
という項目ですが、

これは、いわゆる転送速度が速いかによります。

カードには容量のほかにこういう文字が書かれていませんか??
・「SDHC」の横に「Ⅰ」
・ボトルみたいなマークに数字が
・半円の中に数字が書かれている
・○MB/s'と書かれている

これが、容量以外にも大事な要素のひとつでもあるんです。
上から順に説明していきます。

まずは、「SDHC横のⅠ」なんですが、これは

「UHS(ウルトラハイスピード)に対応している」

ということになります。
ⅠならUHS-Ⅰ規格に対応している。
という解釈でOKです。

また、UHSに非対応の機器の場合は後述の
「半円の中に数字が書かれている」でご説明します。

次に、「ボトルみたいなマークに数字が」
の説明をします。

これは

「UHSでのスピードクラス」

を表します。

UHS対応機器で使用したときに
読み書きのデータ転送速度が最低○MB/秒

という感じです。

ざっくり言うと
「とにかく早くデータのやり取りができるんだ」
という解釈でOKです。

次に
「半円状の中に数字」
ですが、これは

SDカードのスピードクラス

を表します。
これはUHS非対応の機器の場合はこの規格に沿って
データが転送される速度が変わってきます。

偶数ごとにcrassが分かれており、
この数字ごとに転送時の最低速度が決まっています。

最低がcrass2、最高はcrass10になります。
もちろんcrass10のほうが最低速度が大きいので早く転送が
できるようになります。

同時に、○MB/s'という表記は、そのSDカードでの
最大転送速度になります。

もちろんこちらも数字が大きいほど、
データの転送速度は速くなります。

簡単に言うと
「データのやり取りが早くなるんだ」
という感覚OKです。(一緒の事言ってるのは気にしない(笑))

このようにメーカーや容量以外にも見ていく点があるので、
しっかりと確認していきましょう!!!


いかがだったでしょうか!
今回は「カメラでのSDカード選びのポイント」
を紹介していきました!

「せっかく買ったのに写真を撮る事もできない!」
という事態にならないように、カメラとSDカードの規格は
必ずあわせるようにしましょう!
(公式の推奨SDカード、使用可能カードを確認のうえで購入を!)

ではでは!!


この記事へのコメント