一眼レフのお掃除!道具や掃除ポイントの紹介!

こんにちは!
特急ひゅうが3号です!


今回は一眼レフの掃除について、
道具や掃除箇所、掃除のポイントなどを
紹介していきます!


前回でも紹介したとおり、
埃や汚れは一眼レフでの最大の敵と書きました!


ただ、
日々のカメラの掃除はどうすればいいの・・・?
と思う方もいるかもしれません。


そこで、今回はその埃などのごみを掃除するための、
道具と手順を紹介します!


必要なもの
・ブロワー(空気を吹きかける)
・ブラシ
・レンズペン
・クリーニングクロス
(メガネなど他のものに使用しているものは使用せず、
新しいものを使用するようにしてください。)

あると便利なもの
・綿棒
(先端がとんがっているものがオススメ。
細かいところまで掃除ができるようになります。)
・シルボン紙
(ティッシュとは違い、使うときに小さな糸くずが出にくい紙です)
・無水エタノール
(イメージセンサーを清掃するときに使用。
通常のエタノールでは乾きが遅いのでNG。
また、可燃性なので、火には十分気をつけて使用してください!)
・スワブ
(同じくイメージセンサーを清掃するときの、小さなブラシみたいなものです。
基本的には購入したときに、クリーニング用の液が入っています)


という感じでしょうか。

必要なものは比較的安価で入手できるものが多いですが、
通販で調べてみると、
ツールキットというものがあります。
これらの最低限の道具は一式揃っているものもあるので、
一眼レフを使用する前にはぜひ揃えておきたいですね!

ただ、ツールキットの中には
粗悪品も混じっていることがありますので、
購入前には、商品のレビューを見てから購入するようにしてください。
(実際、自分は見事にひっかかりました。)


「あると便利なもの」は、
無理して購入はしなくてもいいですので、
「あると便利なんだな」という感覚でOKです!
カッコ内には主な使用用途と目的、注意点などを簡潔にまとめました!


それでは、メインの掃除用具である使用用途をまとめます!
・ブロワー
これは100均のものでもいいのですが、
一眼レフ用のブロワーは小さいものがほとんどです。

主にボディやレンズに付着したごみを吹き飛ばすことに使います。
また、クロスでは取れない部分(バッテリーカバーの隙間など)のごみも、
ブロワーを使えば掃除できることも多いです。


イメージセンサーの掃除でも使用します。
イメージセンサーが汚れていると撮影した写真に
影響が出てしまうので、
撮影したときに黒い影が出てる・・・
場合はセンサーを早めに掃除したほうがいいです。


レンズで、ボディにセットするところも忘れずに
ブロワーはかけるようにしましょう!


・ブラシとレンズペン

ブラシは、ブロワーで飛ばせなかったごみを払ったりする道具です。
主にボディでの使用がメインになります。

レンズペンは、
レンズに付いた埃を払うブラシと、
カーボンが付いたクロスが一本のペンにまとめられています。

レンズの掃除方法は、
このカーボンが付いたほうで、
中心から少しずつ外側に回して
塗っていく感じでやっていきます。

後はレンズに付着したごみを、レンズペンのブラシ側や、
ブロワーで掃除すれば完了です!

簡単に掃除できちゃいますね!


・クロス

クロスは主に、
センサーやボディ掃除の仕上げに使います。

前述のとおり、
他のものを拭いたクロスは、
使わないようにしてください。

ごみやカビの元になる菌などを、
カメラに付着させてしまう原因になります。

また、
クロスは定期的に手洗いで
洗うようにしてください。

クロスも布である以上は汚れますので。


最後に、掃除用具の管理は、
専用のボックス(とは言えど100均で買えるようなボックスでOKです)に
入れるようにしてください。

粗雑に扱うと、

「ブロワーから埃が!」

…なんてことがあるので。
掃除用具自体もちゃんとした管理を
心がけるようにしてください。


いかがだったでしょうか!

今回は、一眼レフの道具と掃除のポイントを紹介しました!
ちょっとでも楽しい撮影ができるように、
こまめなメンテナンスを心がけてください!


ではでは~


この記事へのコメント