カメラの撮影姿勢は?手は?構え方は?

こんにちは!
特急ひゅうが3号です!


今回は、一眼レフ(一部コンデジなど)においての
撮影フォームを解説していきます!


これは、今後カメラを使って撮影していく上でも、
ものすごく重要になってくるので、
基本フォームはしっかりと体に身につけていきましょう!!


まず、基本姿勢はどうするべきか?


基本姿勢は、
「右手にグリップを持ち、左手でレンズを持つ」
というのが基本姿勢になります。


また、このとき、

自分自身にも体重を乗せる
足はある程度開く


ことも意識するようにしてください。


カメラ構えるときに自分自身がふらふらだと、
シャッターボタン押すときに、

動いてしまって写真がぶれた…

という事も。

最悪の場合は、

落としてしまう事もありえます。


また、レンズによっては、
左手で支えきれない事があります。


このときは、
脇をしめることで安定します。
(どうしても重過ぎるというレンズは三脚を使うのがベスト
また別の記事で書きます)


また、低い位置で撮影したいときは、
片膝を付くようにして撮影します。


要するに撮影に応じて、
足を開いたり、片膝を付いたり、脇をしめたりして
バランスをとるんですね。

足を開くときは、閉じっぱなしだと踏ん張りが足りなくなり、
逆に開きすぎると足に負担がかかるので、
注意してください。


カメラ本体の持ち方に話を戻しますと、

右手だけで支えるのではなく、
右手でシャッターボタンも押すと同時にカメラを固定し、
左手で、カメラ全体を支えるようにして持ちます。


このとき、先ほども書きましたが、
脇をしめ、足を少し開いて立つと、
撮影時のブレも抑えられるようになります。


縦にカメラを向けて撮影するときは、
右手の位置を変えて撮影します。

このとき、左手の脇のしめ方は軽くなってしまいますが、
レンズを固定させるように意識しましょう。


また、
シャッターを上向きにして撮影する方法
もあるようですが、

これは、窮屈になる&左手でバランスを取る必要がありますが、
ファインダーに額を当てる方法もあるようです。

これによって、
撮影時のブレを体を支える事によって抑える
ことができます。


また、場所によっては壁に寄りかかって撮影する

方法もあるようです。

こうする事によってブレを少なくして写真を撮る事ができる
という事もできます。

ただし、この方法で撮影するときは、
「周囲の人やものには常に気を配る」
という事に注意です。


ほかにはバッテリーグリップやシャッターボタンが付いた
アクセサリーで撮影する方法もありますが、ここでは割愛します。


いかがだったでしょうか?
本日は、撮影の姿勢に関して書きました!

自分は、撮影時にファインダーに顔を近づけすぎて、
モニターに鼻の跡が付いてしまう事があります(笑)

またこの方法は、

・ミラーレス一眼
・ネオ一眼
・B500などのコンパクトカメラ

といった具合に、基本の撮影姿勢は、
一眼レフ以外でも使えます!


これから一眼レフで撮影を楽しもう!
という方はぜひとも参考にしてみてください!


ではでは!

この記事へのコメント