有効画素数や、撮像素子(イメージセンサー)とは何か?

こんにちは! 特急ひゅうが3号です。 今回は、カメラの用語について解明して行こうと思います。 そもそも購入時のデータの有効画素数、撮像素子やF値などは何? ただ全部書くとびっしりになってしまうので、 今回はいくつかの記事に分けて、説明しようと 思います。 ざっくり言うと、 「そのカメラが持っている最大限のスペック」 といえばわかりやすいんじゃないんでしょうか! という事で、一つ一つ説明して行こうと思います! 有効画素数 これは、カメラのスペックを確認する上で、もっとも注目する要素のひとつといえます。 画素はピクセルとも呼ばれますが、もっとざっくり言うと、 画素=ひとつの色の情報 という認識でOKです。 これは後述の撮像素子の画素全体を示す「総画素数」に対して、 レンズの光が当たり、実際に使われる画素の数を表します。 撮影時にこれが影響します。 しかし、全部の画素は使われるわけでなく、撮影時に、 使われる色は限られます。 センサー端のほうは、うまく光が当たらないため、機能しません。 そのときに、活用できなかったところを排除します。 黒い枠になる・・・という事はありません。 画像として使える…という部分の受光素子数の数が、 有効画素数の実際の数値になります。 基本的にこの数値は、 写真を撮ったときの解像度や、鮮やかさに影響します。 この数字が小さいと、画質の質が下…

続きを読む

コンデジについての機能と長所、短所。使用感覚などを書いてみた。

こんにちは。 特急ひゅうが3号です! 今回はコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の説明と、 自分が過去に使っていたモデルを紹介をします。 ・コンデジってどんなカメラ? いわゆる片手でも扱えるようなカメラですね。 たとえば、こんな長所をあげてみました! ・スマートフォンのように片手で撮影できる! ・スマートフォンより写真を鮮明に! ・一眼レフのようなレンズを、交換なしで撮影できる! ・全体的に価格が安いものが多い! と、高い携帯性を持ち、より鮮明かつ撮りたいときにすぐ撮れる! というのが売りですね! 最近のものは、 f値が低いレンズを搭載したり、 センサーのサイズが今までのモデルよりも大きくなったり、 他には、 シーンによって(スポーツや夜景)モードを簡単に変えれるのも、 コンデジならではの魅力ですね! (F値:絞りについては後日説明します) また、連写のできるものも出てきたので、 「シャッター切るの早かった・・・」 なんてことがあっても、ボタン押しっぱなしで写真が撮れるという機能が付くなど、 カメラの進化を感じます! なんといっても、 価格が安いものが多い のもコンデジならではの魅力。 カメラで写真、動画を撮りたい!と カメラに興味を持ち始めた方たちにも、 手ごろな価格で購入できるのも売りです! 最近では、プレミアムコンデジというものもあり、価格は高くなってしまいますが、 一眼レフのよ…

続きを読む

もっと見る