砂浜でのカメラの撮影のときの注意点!対処方法は?

こんにちは! 特急ひゅうが3号です。 今回は、 カメラを使っての撮影時に、 場所によって気をつけなければいけない事 をまとめてみました! カメラを使ってさまざまなシチュエーションで、 森や海などの自然のものの撮影や ビルなどが移っている街並みなどの撮影など、 使うシチュエーションはさまざまですよね。 しかし、使う場所によっては細心の注意を払わないと いけないところもあります。 多くの場合は、観光客など周りの人には常に気を配る。 …これは常識ですよね? そんな常識と別にカメラ自身にも気をつけるところも あるのでまとめてみました。 はじめに確認することですが、 カメラは精密機器 という事を認識してください。 仮にカメラを落とした衝撃で壊れてしまって 撮影した画像が全部パー・・・なんてことにならないようにする 必要があるわけですね。 ストラップの付け忘れはないか確認したうえで撮影しましょう! ・こういう場所での撮影は特に注意!? 海を撮影するときにたまに砂浜とか行ったりしますよね? そうです。 カメラは、砂浜とは相性が悪いです。 しかし砂浜は、カメラにとっては苦手なものが多いので、 相性は悪いです。 苦手なものの理由としては、 ・潮風 ・砂 ・塩分 ・炎天下での猛暑 ・水分 と、これらはカメラ…

続きを読む

一眼レフのお掃除!道具や掃除ポイントの紹介!

こんにちは! 特急ひゅうが3号です! 今回は一眼レフの掃除について、 道具や掃除箇所、掃除のポイントなどを 紹介していきます! 前回でも紹介したとおり、 埃や汚れは一眼レフでの最大の敵と書きました! ただ、 日々のカメラの掃除はどうすればいいの・・・? と思う方もいるかもしれません。 そこで、今回はその埃などのごみを掃除するための、 道具と手順を紹介します! 必要なもの ・ブロワー(空気を吹きかける) ・ブラシ ・レンズペン ・クリーニングクロス (メガネなど他のものに使用しているものは使用せず、 新しいものを使用するようにしてください。) あると便利なもの ・綿棒 (先端がとんがっているものがオススメ。 細かいところまで掃除ができるようになります。) ・シルボン紙 (ティッシュとは違い、使うときに小さな糸くずが出にくい紙です) ・無水エタノール (イメージセンサーを清掃するときに使用。 通常のエタノールでは乾きが遅いのでNG。 また、可燃性なので、火には十分気をつけて使用してください!) ・スワブ (同じくイメージセンサーを清掃するときの、小さなブラシみたいなものです。 基本的には購入したときに、クリーニング用の液が入っています) という感じでしょうか。 必要なものは比較的安価で入手できるものが多いですが、 通販で調べてみると、 ツールキットというものがあります。 これ…

続きを読む

もっと見る