有効画素数や、撮像素子(イメージセンサー)とは何か?

こんにちは! 特急ひゅうが3号です。 今回は、カメラの用語について解明して行こうと思います。 そもそも購入時のデータの有効画素数、撮像素子やF値などは何? ただ全部書くとびっしりになってしまうので、 今回はいくつかの記事に分けて、説明しようと 思います。 ざっくり言うと、 「そのカメラが持っている最大限のスペック」 といえばわかりやすいんじゃないんでしょうか! という事で、一つ一つ説明して行こうと思います! 有効画素数 これは、カメラのスペックを確認する上で、もっとも注目する要素のひとつといえます。 画素はピクセルとも呼ばれますが、もっとざっくり言うと、 画素=ひとつの色の情報 という認識でOKです。 これは後述の撮像素子の画素全体を示す「総画素数」に対して、 レンズの光が当たり、実際に使われる画素の数を表します。 撮影時にこれが影響します。 しかし、全部の画素は使われるわけでなく、撮影時に、 使われる色は限られます。 センサー端のほうは、うまく光が当たらないため、機能しません。 そのときに、活用できなかったところを排除します。 黒い枠になる・・・という事はありません。 画像として使える…という部分の受光素子数の数が、 有効画素数の実際の数値になります。 基本的にこの数値は、 写真を撮ったときの解像度や、鮮やかさに影響します。 この数字が小さいと、画質の質が下…

続きを読む

もっと見る